ビタットに一手間


おしりふきやウエットティッシュって小さい子供がいると必須アイテムですよね。

我が家ではいつも箱でまとめ買いして、自宅のありとあらゆる場所に置いています。

それから外出時も必ず持って行きますよ。

ただ、一度に数個開けているのでどれも全部使いかけ状態です。特にケースに入れているわけでもないので、開け閉めしているうちにふた部分の粘着力も弱くなってきて、中身が乾燥気味になってしまうんです。

でも何個もおしりふき用のケースを買うのももったいないし、持ち運びは不便だしなぁと思っていたら、「ビタット」という商品を知りました。

正確には結構前から存在は知っていたのですが、ビタットってパッケージに繰り返し貼って使えるというものなのでこれも何回も張り替えているうちに粘着力が弱くなるだろうと思ってよく見もしませんでした。

でもたまたまママ友が子供の手を拭くのにウエットティッシュをかばんから取り出した時、かわいいポーチにビタットをつけているのを見たんです!思わず「そんなのが売ってるの?」って聞いてしまいました。そうしたら、自分で作ったと言うんです。

ママ友も友達に教えてもらったとかで結構みんな使ってるよ!って。私の周りでは全く使っている人がいなかったのに、なんでかしら??

これみなさん、ご存知でした?rps20131030_205929

 

私も早速真似て作ってみたのでご紹介します。

準備するのは「ビタット」と「ビニール製でおしりふきやウエットティッシュが入る大きさのポーチ」、それからペンとハサミでOKです。

まず、ビタットの蓋を開けて、その形をポーチに書きます。そしてそこをハサミで切り取るだけです。あとはビタットの粘着面のシールをはがしてポーチに貼り付けて、おしりふきをポーチにセットするだけ。簡単ですよね~

私はかわいいポーチを切る勇気がなかったので100円ショップのポーチにしました(笑)

これで乾燥もしないし、取り出しやすくなりました!

ビタットも色々な色があるし、サイズも大小ありますよ。最近はリボン型のものも発売されているとか。

これって子供が大きくなっても、自分のウエットティッシュ用にずっと使えるので便利ですよね。今のところ粘着面は問題ないですよ~

 

 

Leave a reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>