父親を育児に参加させる


父親も育児に参加させる方法
日本の男子及び父親は昔から子育ては母親がやるものと根強い風潮が今も有るよう思えますがいかがでしょうか「夫が子育ての手助けをしてくれない」と言ったお母さん方の話を良く聞きます。
子供は物心ついだ頃が最も大事な時期で、その頃受けた親の愛情、叱られた事、叩かれた事など大きくなってから思い出して言葉で表現しなさいと言われても、なかなか難しい事ですけど、心の奥底に無意識に覚えている物です。
その事がその子の将来に大きく影響されると言っても過言では有りません。

こういった事から言っても、父親の子育て参加は大切になってくるのです。
やはり、人に対する「優しさ」や「思いやり」また「気配り」などの愛情の掛け方を教えるのは母親でしょう。
そして、世の中の決まり事「こんな事はやってはいけない」「こんな事をやったら人から嫌われる」などの道徳をしっかり教えるのは父親です。

とはゆうものの、ここら辺まで大きくなると気持ち的には大変ですけど、手はさほど掛かりません。
これ以前が大変で子供は夜鳴きをしますし、私も経験がありますがこの時期本当に寝不足になります。
こんな時父親も疲れて居るのは分かりますが、たまには変わってほしいと思う事ってありませんか。

ようやく父親の育児休暇が日本でも話題になるように成り徐々に取れるようにはなっては来ましたがまだまだです。
その点ではヨーロッパあたりでは女性同様に男性も育児休暇が取れるそうです。
こう言った点をもっと充実しないと少子化問題は解決しないのではないでしょう。

Leave a reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>